富山で創業90年。北陸・上信越エリア最大級の司法書士事務所。不動産登記、商業登記、相続、のご相談は司法書士法人谷道事務所。

遺言執行


遺言執行とは


遺言執行とは、遺言の内容を実現するための手続のことをいいます。

遺言を執行する権利を持つ人のことを遺言執行者といい、遺言書に書かれている内容を実現するために、相続財産の管理や遺言書の内容通りに遺産分割をするなどを行います。

では、遺言執行者には誰を選ぶかということになると思います。

それを以下に説明していきます。



遺言執行者に誰を選ぶか


遺言をしようとする者は、遺言により遺言執行者を指定するか、第三者にその指定を委託します。

ただし、遺言事項でない事項について遺言執行者を指定したり、法律上の規定により遺言執行者になれない人を指定しても無効となります。

また自分たちで行うと、かなりの時間を費やすことが多いので、やはり司法書士や専門家に依頼することをお勧めします。



遺言執行者の資格


未成年者と破産者以外は、誰でも遺言執行者になれます。

特に資格などは必要ありませんが、専門的知識や経験が豊富な者を選任してもらったほうが安心です。


遺言執行者が必要となる場合


相続人の廃除及び廃除の取消しがある場合、子の認知が必要な場合は、共に遺言執行者が必ず必要となります。

法定相続人だけでは、公正な遺言執行が期待できないとみなされ、中立な立場の遺言執行者が必要となります。

紛争可能性が予見される場合は、司法書士か弁護士の職業遺言執行者が良いでしょう。



遺言執行者に対する報酬


遺言執行者への費用は、相続財産から控除できます。